飲酒運転のVR体験や交通安全教室 秋の県民運動に合わせ事故防止訴え

 秋の交通安全県民運動が21日から行われている。今年は死亡事故が急増しており、福岡都市圏の各警察署は事故防止や飲酒運転の撲滅などを訴えた。30日まで。

 春日署は22日、春日市の「アクロスモール春日」に仮想現実(VR)映像を使った飲酒運転などの体験コーナーを設置。交通安全教室も開かれ、買い物客らに啓発グッズを配布した。...

残り 272文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR