受験エリートが招く停滞

 現在の日本社会では中央省庁のキャリア官僚や大企業の幹部社員の多くをいわゆる一流大学出身者、つまり受験エリートが占めている。その受験エリートたちの行動パターンが組織や社会の停滞を招く原因だ-という興味深い説を聞いた。

 試験で高い点を取るため、受験エリートたちはどんな手法で臨むか。まず問題用紙に目を通し、手に負えなさそうな難問を除外する。難問に時間を費やして解けなければリスクが大きいからだ。最初に一番簡単なレベルの問題を解き、次に中レベルの問題を解く。...

残り 1121文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR