鳥栖零敗、J1対決初の苦杯 2戦連続ノーゴール、6位後退

  ◆明治安田J1第30節 福岡3-0鳥栖(25日、ベスト電器スタジアム)

 ライバルに喫したJ1リーグ戦での初黒星だった。攻守に持ち味を発揮できないまま0―3の完敗。鳥栖の金明輝監督は「情けない試合を見せた。本当に申し訳ない」と悔しさを隠せなかった。

 前半からボールを保持。序盤には山下が右クロスを合わせながらゴールの枠を外れた。前半終了間際にも右からのパスを山下が押し込んだが、オフサイドの判定で取り消された。「攻撃の選手として責任を感じる。フィニッシュのところが足りなかった」。チーム最多の9得点を挙げる点取り屋は肩を落とした。

 18日の大分戦は決定機を生かせずに引き分け。2試合連続のダービーとなったこの日もゴールが遠かった。九州のJ1の3クラブで順位は最上位ながら、今季の九州ダービーを3分け1敗で終えた。

 樋口は「自分たちのサッカーができなかった。やってはいけない試合だった」と悔やんだ。順位も6位に後退し、福岡との勝ち点は5差まで詰められた。痛い黒星を糧に、今後の戦いで巻き返しを図るしかない。 (松田達也)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース
開催中

ストレッチング講座

  • 2021年9月13日(月)、15日(水)、22日(水)、27日(月)、29日(水)、10月6日(水)、11日(月)、13日(水)、20日(水)
  • 野中生涯学習センター

PR