越中哲也さん死去 「長崎学」の第一人者、くんち解説 99歳

 長崎の歴史や文化を学術的に研究する「長崎学」の第一人者で郷土史家の越中哲也(えっちゅう・てつや)さんが25日午前6時50分、老衰のため長崎市の病院で死去した。99歳。長崎市出身。葬儀は27日午後1時から長崎市大橋町14の16、大橋メモリードホールで。喪主は妻京子(きょうこ)さん。

 1921年、長...

残り 295文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR