父の同級生の弔辞

 「ああ、なるほどね」。少し驚きつつも、納得したことを覚えている。5年ほど前、父の葬儀でのこと。高校の同級生だった方に弔辞を依頼した。力強く読み上げられた弔辞に感激した母が「失礼かもしれないが、手元に置いて読み返したい」というので、下書きをもらえないかとお願いした。すると「実は…」と、白紙の紙を渡さ...

残り 240文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR