なぜ米国を爆撃したのか

1942年9月9日、米西岸沖で潜水艦から飛び立った日本軍の水上偵察機が、オレゴン州ブルッキングス市の山林に焼夷(しょうい)弾を投下した。太平洋戦争で唯一の米本土爆撃だった▼藤田信雄さん(当時中尉、97年没)がノート27冊に生前残した日記類を基に構成した「わが米本土爆撃」(毎日ワンズ)が先ごろ出版され...

残り 428文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR