黙々と選挙報道を下支え 【かわすじ今日談】

 衆院選が近い。29日に自民党の総裁選が終われば、一気に選挙モードへ突入する。投開票日は11月7日とも同14日とも取り沙汰される。西日本新聞では、日頃から地方選挙などを受け持つ地域報道部が、政党の公約や候補の動きなどを追う。社会部は主に有権者を担当する。今の政治の何を問題視しているのか、解決してほしい社会課題は何かなどを探る。そして取材部門とともに選挙対策本部事務局(選対事務局)の動きも本格化する。衆参の国政選挙と統一地方選挙で必ず編集局に立ち上がる組織だ。...

残り 1272文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

だざいふ子ども絵画展

  • 前期2021年11月11日(木)~23日(火・祝)、後期27日(土)~12月10日(金)
  • 太宰府市文化ふれあい館 エントランスホール
me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR