【速報】福岡県の緊急事態解除へ、飲食店時短は当面継続 新型コロナ

 政府は27日、福岡県など19都道府県に出している新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を30日の期限で全て解除する方針を固めた。全国的に感染状況が大きく改善しており、「まん延防止等重点措置」への移行も見送る。福岡県では8月20日に4度目の宣言が発出されており、約1カ月半ぶりの解除となる。ただ、同県は、県単独措置として飲食店への営業時間短縮要請は当面継続する。酒類提供も段階的に緩和する方針。

 政府は、熊本県など8県に適用している重点措置も全て解除する方針。28日に専門家分科会の了承を得た上で、対策本部会議を開いて正式に決定する。

 福岡県内では8月中旬から新規感染者が千人を超える日が相次ぎ、同18日には過去最多となる1253人に上った。

 9月に入ってからは減少傾向が顕著となり、直近1週間は100人前後で推移。27日は39人だった。

 8月下旬に70%に迫った病床使用率も、25%を下回る水準まで改善している。

 ただ、7月下旬からの「第5波」では爆発的に感染が拡大しており、服部誠太郎知事は27日午前、記者団の取材に「措置の緩和は慎重に行う必要がある」と強調。宣言が解除されても、飲食店への時短要請は段階的に緩和していく考えだ。

福岡県の天気予報

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR