嘉穂劇場、飯塚市へ譲渡が正式に決定 市議会が予算案可決

 福岡県飯塚市の芝居小屋「嘉穂劇場」(国指定登録有形文化財)を市に譲渡することが27日、正式決定した。新型コロナウイルスなどによる経営難を理由に運営する認定NPO法人が5月、解散を決定し、市への譲渡が進められていた。

 劇場の維持管理費や老朽化した屋根などの改修にかかる調査委託料など2692万円を含む...

残り 202文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR