「諫干、和解協議に応じて」 漁業者ら九州農政局に署名提出

 国営諫早湾干拓事業(長崎県諫早市)を巡り、国が漁業者側に開門を強制しないよう求めた請求異議訴訟の差し戻し控訴審について、熊本、福岡、佐賀、長崎4県の漁業者らでつくる「有明海沿岸地域の再生を願う会」が27日、国に和解協議に応じるよう求める署名3260筆を九州農政局(熊本市)に提出した。

 福岡高裁は4月、開門の可否を前提としない和解協議を...

残り 199文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR