FFGが振込依頼書を自動処理 AI活用、他の金融機関への展開検討

 ふくおかフィナンシャルグループ(FFG、福岡市)は27日、人工知能(AI)などを活用し、銀行窓口で受け付ける紙の振込依頼書を読み取って処理するシステムを実用化したと発表した。振込依頼書の約8割が自動処理の対象で、成功率は約80%。傘下外の金融機関への展開も検討している。

 自動処理システムは、複数の文字認識ソフトなどを...

残り 306文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR