七山の風力発電所計画「厳しい」 唐津市長 県が保安林解除に難色

 大和エネルギー(大阪市)が唐津市七山の脊振山系で計画している風力発電所の建設事業に関し、同市の峰達郎市長は27日、「事業は厳しいと思う」との認識を示した。建設予定の市有地は土砂流出を防ぐ保安林で、開発には解除が必要だが、事前審査を行う県は「解除要件に合致していない」としている。

 計画は「(仮称)...

残り 449文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

佐賀県の天気予報

PR

PR