パラアーチェリー重定選手「初めて試合で楽しいと思えた」

 東京パラリンピックに初出場したアーチェリーの重定知佳選手(38)=北九州市八幡西区出身=が28日、北九州市役所を訪れ、北橋健治市長に女子個人7位入賞、混合団体5位入賞の結果を報告した。賞状を披露し、「5年間目指した舞台に立てて、初めて試合で楽しいと思えた」と笑顔で語った。

 北橋市長は「地元日本の大会でプ...

残り 246文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR