「AI相乗りタクシー」小郡市が導入 自宅から医療機関や公共施設へ

 福岡県小郡市は10月から、市のコミュニティーバス全6路線のうち、乗車数の少ない御原・味坂線と立石線の2路線を休止し、代わりに人工知能(AI)を活用した予約制の相乗りタクシーを導入する。運行効率を改善し、赤字を縮減するのが目的。市によると、2路線は1年間の「実証実験」を経て、このまま相乗りタクシーに移行す...

残り 519文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR