福岡市で5週連続の感染者減 20~26日、前週比46%減

 福岡市では20~26日の1週間で、新型コロナウイルスの新規感染者が前週(13~19日)比46・8%減の256人だった。5週連続で減少した一方で、10代以下の感染が目立っている。

 1週間の平均陽性率は前週比1・1ポイント減の4・4%となり、2週連続で10%を下回った。新たな重症者は1人、死者は3人。2回目のワクチン接種後2週間以上経過して陽性と確認される「ブレークスルー感染」は前週の38人から29人に減った。

 年代別では、10代以下が78人(30%)と最多。次いで50代以上54人(21%)、20代52人(20%)、30代40人(16%)、40代32人(13%)と続いた。

 新たなクラスター(感染者集団)は高齢者施設で2件、保育園で1件発生した。

 (野間あり葉)

福岡県の天気予報

PR

PR