「巣ごもり」食品の堅調続く 西日本景気トレンド イオン九州の柴田祐司社長に聞く

 長期化した新型コロナウイルス禍は流通の現場も直撃し、売り場に大きな変化をもたらしている。足元の消費動向や、感染再流行の懸念が拭い去れない中での展望について、地場小売り大手イオン九州(福岡市)の柴田祐司社長に聞いた。 (聞き手は古川剛光)

 巣ごもり消費は昨年から続いており、食品は引き続き堅調だ。...

残り 1138文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

PR