若者が「自分ごと」に思えるように 経産省若手WGの杉山さんに聞く

 経済産業省が一般からの意見を公募しているエネルギー基本計画の改定案は、再生可能エネルギーが「最優先」の原則が明記された。脱炭素社会の実現に向け、若い世代への理解をどう広げるか。グリーン成長に関する産学官の若手ワーキンググループ(WG)の中心メンバーとして、3月までの2年間、経産省に出向したリクルート社員の杉山実優さん(27)に聞いた。...

残り 1269文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR