【★どうが★やさしい日本語】学校(がっこう)に あった  木(き)を  使(つか)って「まな板(いた)」を  作(つく)った

福岡ふくおかに  ある「福岡ふくおか高校こうこう」には、長い間なが  あいだ、イチョウ(ginkgo)の  が  2ほん  ありました。

学校がっこうの  うたなかにも  る  有名ゆうめいな  イチョウです。

でも、2019ねんに  学校がっこうなかに  あたらしい  建物たてものが  できました。

工事こうじの  ときに、イチョウの  を  らなければ  なりませんでした。

学生がくせいたちは、イチョウの  で、なにか  ものを  つくることにしました。

これから  さきも  イチョウのことを  思い出おも   だしたり、ったりしてほしいと  おもったからです。

料理りょうりをするときは、材料ざいりょうを  る「まないた」を  使つかいます。

ある  先生せんせいが「まないたを  つくったら  どうですか。」と  いました。

学生がくせいたちが  の  会社かいしゃに  相談そうだんに  ったところ、会社かいしゃの  ひとは「いい  まないたに  なるでしょう」と  こたえました。

 

もとの  記事きじは  こちら

関連記事

PR

PR