【★どうが★やさしい日本語】昆虫(こんちゅう)の「コオロギ」を  使(つか)った  しょうゆ

世界せかいでは、食べ物た  ものが  りなく  なることを  心配しんぱいしています。

もりなどの  自然しぜんを  まもることは  大切たいせつです。

食べ物た  ものや  自然しぜんを  まもるために、「昆虫こんちゅう」を  べるという  考え方かんが  かたが、すこしずつ  ひろがっています。

大分おおいたけん  日田市ひたしの  しょうゆの  会社かいしゃが、昆虫こんちゅうの「コオロギ」を  使つかった  しょうゆを  つくりました。

コオロギを  こなにして、しょうゆの  材料ざいりょうに  くわえました。

エビのような  かおりだそうです。

10がつから、インターネットでります。

会社かいしゃは  いま、コオロギの  こなを  使つかった「みそ」も  つくっています。

会社かいしゃの  ひとは「日本人にっぽんじんが  よく  って  いる  食べ物た  ものなので、みんなに  安心あんしんして  べて  もらいたいです」と  はなしました。

 

もとの  記事きじは  こちら

関連記事

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR