福岡市科学館や動植物園10月再開 警固公園は「路上飲み」対策で封鎖継続

 福岡市教育委員会緊急事態宣言が解除される10月1日から、見合わせていた市立小中学校の運動会や体育祭、修学旅行の実施を認め、原則中止だった部活動も再開する。

 また、市教委は9月末で小中学校を対象とした時差登校の一斉実施を終了。10月以降は各学校がそれぞれの感染状況を踏まえ、時差登校や短縮授業、分散登校などで対応する。ただ基礎疾患や感染不安がある場合、自宅でオンライン授業を受けて出席扱いとなる取り組みは続ける。

 一方、飲食店の時間短縮営業の要請が継続されることを受け、市は同市・天神の警固公園内での「路上飲み」を防ぐため、園内のベンチや遊具などがあるエリアの立ち入り禁止を当面は続ける。市科学館や市動植物園など、宣言期間中に休館していた公共施設は再開する。

 (小川俊一)

北九州市でも5ヵ月ぶりに通常授業へ

 福岡県への緊急事態宣言が30日で解除されることを受け、北九州市教育委員会は29日、10月以降に小中学校で通常通りの授業を再開すると発表した。市は、観光施設を含む公共施設を通常通り開館する。

 市立の小中学校では、短縮授業や午前中のみの授業などが続いており、通常授業は、5月11日以来約5カ月ぶり。感染への不安からオンラインで授業に参加する子どもについては、引き続き出席扱いにする。部活動は再開し、修学旅行は1泊2日か宿泊なしの2日間などで実施。行き先は県内か近隣県に限る。

 市主催のイベントについては、宣言解除後の県独自の方針に従う。地域行事や祭り、野外フェスなどは人との間隔を1メートル以上設ければ開催できる。

 (白波宏野)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR