新総裁に岸田氏 自民党の刷新には程遠い

 党員の意向や世論の支持とは異なる党内力学が幅を利かせた結果と言え、自民党の刷新には程遠いと評価せざるを得ない。岸田文雄前政調会長が国会議員票で圧勝した総裁選である。

 岸田氏は1回目の投票で、最多の党員・党友票を集めながら議員票が伸び悩んだ河野太郎行政改革担当相に先行し、3位の高市早苗前総務相が得た議員票の多くを決選投票でまとめた。

 脱原発や女系天皇容認を公言してきた河野氏は党内で異端視され、ベテランを中心に強い警戒感がある。安倍晋三前首相に批判的だった石破茂元幹事長が支援に回ったことも、安倍氏に近い議員らの反発を招いた。

 間近に迫る衆院選の「顔」として国民的知名度が高い河野氏を選ぶ打算以上に、より安定した政権や党の運営には岸田氏の方が無難という内向きの論理が働き、議員票が岸田氏に雪崩を打ったとみられる。

 若手衆院議員の集まり「党風一新の会」が党改革を訴えたこともあり、大半の派閥は実質的に自主投票としていたが、最終局面では勝ち馬に乗る派閥の動きも生じたようだ。

 同会が結成された背景には、安倍政権、菅義偉政権下での「説明しない政治」などにより、各種選挙で党への逆風が強まったことへの危機感があった。

 岸田氏は「声を聞く力」をアピールしつつ党役員の任期制限を打ち出し、菅氏の総裁選出馬断念に至る流れを生んだ。

 一方、森友学園問題に関する説明の必要性に言及しながら再調査については否定するなど、安倍、菅政権の「負の遺産」の総括には後ろ向きだった。議員票を固めるには、強い影響力を持つ安倍氏に配慮しなければならない事情が垣間見えた。

 同様の配慮は政策面でもうかがえる。党内のハト派とされる派閥を率いながら、敵基地攻撃能力の保有に前向きな考えを示し、女系天皇を否定するなど、安倍氏ら保守色の強い議員を意識した政策発信が目立った。

 選択的夫婦別姓といった党内で議論が分かれるテーマでは態度を明確にしなかった。

 いわば選ぶ側も選ばれる側も無難さを優先した結果の新総裁であり、高揚感には乏しい。

 次の焦点は組閣や党役員人事に移る。議員票で河野氏を上回った高市氏は要職での処遇も考えられる。必然的に、高市氏を支援した安倍氏の影響力がさらに強まることも予想される。

 衆院選で国民に示す党公約だけでなく党運営や政治姿勢で岸田カラーをどれだけ打ち出せるか。早速、新総裁の指導力、発信力が試される局面である。懸念されるのは総裁選で岸田氏が抱えたしがらみの大きさだ。

関連記事

PR

PR