上場廃止の猶予期間入り ホープ、債務超過で

 東京証券取引所福岡証券取引所は29日、東証マザーズと福証Qボードに上場している、自治体向け広告や電力小売りを手掛けるホープ(福岡市)が、上場廃止の猶予期間に入ったと発表した。

 ホープが同日提出した2021年6月期の有価証券報告書で、24億9800万円の債務超過状態であることが確認されたため。期...

残り 87文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR