東京パラ・ゴールボール銅の浦田選手 「自分に勝って」母校で語る

 東京パラリンピックゴールボール女子の浦田理恵選手(44)が29日、郷里の熊本県南関町役場と母校の南関第三小を訪問し、銅メダル獲得を報告した。同小で浦田選手は「壁や苦しいことにぶつかっても、いつか自分の力になると思って学校生活に生かしてほしい」と後輩たちに呼び掛けた。

 役場では佐藤安彦町長や「浦田理恵を...

残り 349文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR