駅地下道の固定資産税、JR九州から過徴収 鹿島市が16万円返還へ

 佐賀県鹿島市は29日、JR長崎線の肥前鹿島駅と肥前飯田駅(いずれも同市)の地下道部分の固定資産税について、JR九州から二重徴収していたと発表した。地方税法や市の要綱に基づき、直近20年の過徴収分16万4700円をJR九州に返還する。

 市によると、JR九州は両駅の地下道部分を償却資産の「構築物」として申...

残り 145文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

佐賀県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR