ブレークスルー感染、ワクチン差別…続くコロナ禍、42人の「不安」 (2ページ目)

┃増税? 国民の実態を知らないのか

 ◆経済的に日本が急速に悪化していくのではという不安が大きい。政府内で、コロナ禍でも国費を大きく投じることもなく、増税を口にする声もある。国民の実態を全く知らないのではないか(男性経営者・45歳)

 ◆私の周辺で、2回接種した人が未接種の家族から感染する事例が複数あった。ワクチンの抗体価の減少に伴ってこのような事例が今後も相次ぐのではないか(男性医療事務職・41歳)

 ◆耳が不自由なため、マスクによるコミュニケーションが難しい(女性自営業・57歳)

 ◆解除で仕事も再開するが、また緊急事態宣言になると中止。気持ちや体力の維持が難しい。学校のPTAの必要ない行事がなくなり、とても良かった部分もあるのですが(女性パート・52歳)

 ◆解除になってもオンライン授業を続けてほしい。不登校の生徒にはプラスだから(女性会社役員・44歳)

 ◆両親と同居中だが、長期の行動自粛でストレスがたまっているようだ。高齢者も外部との交流が大切(女性公務員・51歳)

 ◆仕事で対面の会議が復活して、仕事の効率が低下すること(男性会社員・48歳)

 ◆介護サービスの利用者が陽性になると、濃厚接触者として自宅待機になるが、職場からは有給を使うように指示がある。有給を使い切った後は欠勤扱いで、補償がない(男性医療介護職・40歳)

 ◆解除=対策不要、と思う人もいる。職場の窓口でも、前回の解除後は宣言が終わったから、アクリル板を取れとか、マスクを取れとか言われたことがある。正直怖いです(女性公務員・47歳)

┃反動で宴会や旅行が増えないか

 ◆福岡県独自の飲食店の時短要請は14日まで。(すぐに終わるので)誰も認証申請をしようと思わないはず(男性飲食店経営者・41歳)

 ◆中学校勤務。新型コロナだけでなくインフルエンザなど、冬に感染症の流行がどうなるのか不安だ。ワクチンを接種した人たちの体調に異変がないかも心配(女性教員・57歳)

 ◆職場の在宅勤務がほぼゼロになる見込み。在宅勤務は続けてほしい(男性国家公務員・39歳)

 ◆緊急事態で夫の収入が減った。補償もなく生活に響いている。もう一度、特別給付金を出すべきだ(女性パート・38歳)

 ◆友人と安心してランチに行きたい。コンサートには行きましたが、ランチはリスクが高いかなと自粛していました(主婦・62歳)

 ◆高校時代から新型コロナ禍で卒業式もまともにできなかった息子が来春、専門学校を卒業する。感染が落ち着いていないと就職にも悪影響だ。音楽関係の企業に就職活動中だが、影響はあるようだ(女性会社員・54歳)

 ◆小さな店で夫婦ほそぼそと飲食店を経営している。認証を受けてる飲食店には営業時間延長の優遇措置があるが、われわれみたいな老夫婦だと手続きにもついていけない(女性・70歳)

緊急事態宣言で閑散とする飲食店

 ◆ワクチン接種証明の提示には反対。感染する心配より、精神を病んでしまう人も多いのでは。実際に学校でも、(未接種に関する)いじめの兆候、ママ友たちの仲間割れなどの話も聞きます(女性団体職員・59歳)

 ◆すぐに小学校の行事が通常に戻る。反動で宴会や旅行が増え、感染が流行しないだろうか。65歳以上や医療従事者は2回目ワクチン接種後、一定の時間が経過した。抗体レベルが下がり、感染しやすくなっていないか心配だ(女性医療職・42歳)

 ◆福岡市の中洲でスナックを経営。解除と言われても、午後9時以降がメインとなるわれわれのような店は全く解除ではないです。認証ステッカーも申請開始の日に申し込んだが、まだ見に来てもらっていません(女性・51歳)

 ◆ぜんそくの症状がある。先月、熱が出て発作が起き、本来なら入院治療なのに新型コロナで入院先がないと言われた。そんな環境が解決しない限り、安易に緊急事態宣言を解除するのはどうかと思う(女性会社員・52歳)

 ◆子どもの部活再開だけが心配。実際、クラスターも発生した。子ども世代のワクチン接種も進んでいるが、部活中は布マスクでもいいので着用するなどのマニュアルが必要だ(会社員・45歳)

 ◆子どもの部活動が再開され、他校との練習試合や大会が頻繁に組まれることになるだろうから、また一気に感染が広まるのではないか(主婦・50歳)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

絨毯 キリム展 

  • 2022年1月13日(木) 〜 2022年1月17日(月)
  • 街角ギャラリーMIMOZA
開催中

現代版画2022

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月17日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR