行橋市、22年1月予定のハーフマラソン中止 新型コロナで2年連続

 行橋市などでつくる「ゆくはしシーサイドハーフマラソン」の実行委員会は30日、来年1月30日に予定していた大会の中止を決めたと発表した。新型コロナウイルスの感染状況から、ランナーやスタッフの安全確保が困難と判断した。中止は2年連続。

 大会は海岸線を駆ける日本陸上競技連盟公認コースのハーフマラソンや5キロなど4部門があり、昨年1月は計2457人が出場した。

10日の北九州・京築地区新規感染者

 北九州市発表 7人(小倉北区1人▽小倉南区2人▽若松区1人▽八幡西区2人▽戸畑区1人)

【死者】小倉北区90歳以上女性

 県発表 1人(遠賀郡1人)

福岡県の天気予報

PR

PR