再エネ拡大、安定性の担保を 地域、企業間の格差出ない政策が必要 旭化成エネルギー総部長・藤田和久氏に聞く

 再生可能エネルギーの大幅な拡大を目指すエネルギー基本計画の改定案が示され、産業界も構造転換を迫られている。国と同じく2050年の温室効果ガス排出量の実質ゼロを掲げ、製造拠点がある宮崎県延岡地区では自家発電による電力供給に取り組む旭化成の藤田和久・エネルギー総部長に改定案の評価や企業の取り組みについ...

残り 1072文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

宮崎県の天気予報

PR

PR