異例の判決、今後を注視

 7年前の夏、福岡県警が特定危険指定暴力団工藤会の壊滅作戦に着手する前夜、小倉の夜の街は市民への襲撃が相次ぎ、緊張感に包まれていた。「小倉は怖いから博多で飲む」という声も聞いた。だが、この夏に本社に転勤するまで2年間、北九州市に住んだが、事件は減り「暴力の影」は薄らいだ印象があった。...

残り 256文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR