『ぼくのまつり縫い 手芸男子と贈る花』 神戸遥真/作、井田千秋/絵

 中学3年生になり被服部の部長になった針宮優人は、被服部のある高校に進学したい。けれど「部活で高校を決めていいのか」と先生に問われ、悩みます。少年が「本当に好きなこと」に向き合い変わっていく、手芸男子シリーズ第3弾。

★小学校高学年から(偕成社、990円)

関連記事

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR