心配性 手嶋ユリ子

 数年前までは当たり前で何も感じなかったのに、今は毎朝目がさめること、手足が動くこと、歩けることにいつも感謝している。急ぎ足も走ることもできないけど、私は生きている。できないことを悔やむより、できることに感謝して毎日を生きることを実践しようと思う。その方が自分らしく楽しく生きていける。

 何一つ満足にできない私なのに、人の心配ばかりしている。...

残り 342文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR