空き店舗対策6年「実験店」閉店へ 飯塚市、商店街活用の動き生む

 福岡県飯塚市の東町商店街で空き店舗対策の実験店としてオープンした店舗が23日の営業を最後に閉店する。開業から6年。商店街のアーケードでは同様に空き店舗や倉庫など未利用スペースを改修し、カフェやコミュニティースペースなど新たな空間が生まれる動きが出てきた。店の経営者は「一定の役割を果たした」と総括する。...

残り 667文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

PR