日銀9月短観、大企業製造業先行き悪化 5期連続改善も自動車減産響く

 日銀が1日発表した9月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の業況判断指数(DI)がプラス18と、6月の前回調査から4ポイント上昇した。大企業非製造業はプラス2と、小幅に改善した。いずれも5四半期連続で改善したが、新型コロナウイルス禍で部品調達に深刻な影響が出ている自動車が大幅に下落し、大企業製造業の先行きは悪化した。(一ノ宮史成)...

残り 1839文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR