十八親和銀発足から1年、トップが描く戦略は

 ふくおかフィナンシャルグループ(FFG、福岡市)傘下の十八親和銀行(長崎市)の発足から1年。新型コロナウイルス禍をどう乗り越え、今後はどのような戦略を描いているのか。同行の森拓二郎頭取と吉沢俊介会長に加え、対抗する西日本フィナンシャルホールディングス(福岡市)傘下の長崎銀行(長崎市)の開地龍太郎頭取に聞いた。 (仲山美葵)...

残り 1444文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

長崎県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR