チーム岸田「適材適所」は論功行賞 甘利氏“政治とカネ”に野党照準

 1日船出した自民党の新執行部は、岸田文雄総裁の掲げる「チーム力」を形にするため、老壮青のバランスの見せ方を重視した顔ぶれとなった。ただ、一皮むけば総裁選の「論功行賞」色が濃厚で、安倍晋三前首相や麻生太郎副総理兼財務相への気遣いが目につく。甘利明幹事長の「政治とカネ」問題は晴れておらず、新国対委員長の人事に絡む混乱も起き、チーム岸田の行く手には暗雲もよぎる。

 「党の一体感、ともに衆院選に臨もうという強い思いを感じてもらえる人事を進めていく」。夕方、党役員人事の了承を受けた岸田氏は党本部で記者団に向かい、その目指すところを説明した。...

残り 755文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR