世界体操・新体操は観客制限なし 国内スポーツ初、北九州で18日開幕

 18日に北九州市で開幕する「2021世界体操・新体操選手権北九州大会」の大会組織委員会は1日、観客を制限せず収容可能な人数を入れると発表した。

 一般席は体操会場の同市立総合体育館が2162で、新体操会場の西日本総合展示場新館は約2500。同市では新型コロナウイルス感染拡大防止のため30日まで大声での歓声を伴うイベントの収容率は50%以内と定められているが、政府が行動制限緩和の実証実験として進める「ワクチン・検査パッケージ」を活用。観客全員にワクチンの2回接種済証かPCR検査の陰性証明の提示を義務づける。

 スポーツイベントではサッカーのJリーグや日本代表戦でも同パッケージの活用を予定しているが、収容人数の制限撤廃を表明したのは同大会が初めて。組織委は「パッケージを使うことで、より安全で安心な大会にし、多くの方に見ていただきたい」と説明した。

 パッケージの活用は政府に申請中。採用されない場合は収容率50%とし、ワクチン接種済証や陰性証明を求める。1日に公式サイトでチケットの申し込みを始めた。 (末継智章)

福岡県の天気予報

PR

PR