北九州ゆかりの文学をスクリーンで 森鷗外、松本清張らの映画化作品20本 小倉昭和館で上映

 北九州ゆかりの作家の作品が原作になった映画20本を上映するイベント「アートシネマ 映画で観(み)る北九州の文学」が2日から、北九州市小倉北区の映画館「小倉昭和館」で始まる。作家は松本清張や火野葦平、リリー・フランキー、平野啓一郎ら多彩なラインアップ。「北九州の素晴らしい文学者を知ってもらいたい」と、学生は無料、大人も1本500円で楽しめる。...

残り 332文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR