青峰校区50年誌作成、住民6人「未来考える契機に」 久留米市

 50年前にニュータウンとして開発され、誕生した福岡県久留米市青峰校区の住民が、半世紀の歴史をまとめた記念誌「50年のあゆみ」を作った。最盛期に約6千人だった人口は若者の流出で2千人台にまで減り、高齢化率は47・9%(9月1日現在)と全46校区でトップ。往時を振り返り、街の活性化につながるヒントを...

残り 658文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR