「市報」の配布、進む民間委託 背景に高齢化や自治会離れ、懸念も

 かつて自治会が各世帯に配った「市報」は今、誰が届けているのか。筑豊地区の飯塚、田川、直方、宮若、嘉麻の5市の状況を調べると、高齢化や住民の自治会離れを背景に、民間委託を進めていた。業務効率化につながる一方、住民からは...

残り 1444文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

PR