九州六大学野球は大激戦 北九大など4校が首位に並ぶ

 九州六大学野球の秋季リーグ戦(西日本新聞社など後援)は2日、福岡市の今津運動公園野球場で第4週第1日の3試合があり、北九大が単独首位だった西南大を5-3で破った。久留米大は九州大に1-0でサヨナラ勝ちし、福岡大は九国大を4-3で破った。この結果、北九大、西南大、久留米大、福岡大の4校が通算5勝2敗で首位に並ぶ大激戦となった。

今秋初スタメンの杉谷が決勝適時二塁打

 北九大が西南大のエース仲山から5点を奪い、首位に並んだ。同点の八回2死二塁で、今秋初スタメンの捕手杉谷が右翼線に決勝の適時二塁打。山本監督は「制球がいい投手なので、好球必打を徹底させた成果です」と満足そうだ。2019年秋以来の優勝も見えてくる勝利を演出した杉谷は「今は投打ともに調子がいい。チーム一丸で戦います」と力を込めた。

関連記事

PR

開催中

バギーコンサート

  • 2021年11月28日(日)
  • 福岡市早良南地域交流センター ともてらす早良 チャイルドルーム

PR