流鏑馬道復旧、2年ぶりに馬上から矢を放つ 福岡市の飯盛神社で9日

 福岡市西区の飯盛神社で催される流鏑馬(やぶさめ)行事で、馬を走らせる神社参道のゴム製舗装が老朽化した問題で、市は舗装の復旧を行った。新型コロナウイルスの影響で、昨年は馬を疾走させる代わりに木馬で矢を放つ異例の方法で奉納を実施したが、今年は参道も復旧したことで2年ぶりに、狩り装束の花射手(はないて)が馬上から矢を放つ勇姿を見物できる。流鏑馬は9日午後2時開始。...

残り 573文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR