昭和20年代 生き方を考え抜いた日々

 先月、戦争の話をした流れで、今回は昭和20年代の話です。

 二つ年上の夫、長野信清が地元・福岡県飯塚市内野の国民学校を卒業したのは1943(昭和18)年春。高等科2年、今だと中学2年ですね。

 当時の卒業文集は冒頭、41年の開戦の日に発せられた天皇陛下の詔書で始まり、中身はほぼ戦争一色でした。「『...

残り 1228文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR