奥山淳志著『動物たちの家』 生命とはどういうものか

 犬、鳩、ハムスター、インコ……。幼い頃からたくさんの動物たちと暮らしてきた著者は、動物をもとめてやまないのはなぜだろうかと自身に問いかける。生命とはどういうものだろうかという問いとともに。

 写真家である著者は、動物たちをひたすら見つめることで思考する。その眼はいつも真摯(しんし)だ。はじめての犬...

残り 512文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR