Q:娘との同居をためらっています

 夫を早く亡くし、子どもたちも独立しました。4年前に娘が家を建て、私が仕事を辞めたら同居しようと言ってくれました。その時はうれしかったのですが、いざ仕事を辞めて自由気ままな日々を送ると、娘の家とはいえ息が詰まりそうでためらっています。いまさら娘に言えず悩んでいます。(70代女性)

 娘さんに「ありがとう、ほんとにありがとう。でも私はもう少し今のまま一人で暮らしていたい。ほんとにほんとにありがとう、もっと年取ったら、一人で暮らしたくなくなるときが来ると思う、そうしたらお願いね」と誠意をこめてはっきり伝えたらいいと思うんです。

 今あたしは66歳、70代のあなたと数字的にはあんまり変わりません。そしてあたしは、娘と同居するなんてまっぴらです。

 他の娘たちと会う機会が減っちゃうのもつまらない(あなたも書いてましたが割愛しました)。

 娘たちが独立してから今まで一人で暮らしてきた慣れもある。あたしもずいぶん衰えてきたけど、まだ頭も口も手も足も腰もしっかりしてるし、自分自身の友達づきあいもある。

 まっぴらです、とんでもないです、とあたしが思っているんだから、数歳年上のあなただって、そう思っていて当然だ。

 夫が亡くなって一人で子どもたちを育て上げて苦労してこられました。退職して70歳を過ぎた今、自分自身に向かい合うのも、これからの人生に必要なんではないでしょうか。

 しかしそれでもあなたは心配している。...

残り 691文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR