世界体操控えテロ対策訓練 門司税関や福岡県警

 門司税関と県警などは4日、18日に開幕する「2021世界体操・新体操選手権北九州大会」を控え、北九州市小倉南区の北九州空港貨物ターミナルでテロ対策の合同訓練を行った。税関職員や警察官など約20人が参加し、不審物を発見して回収するまでの一連の流れを確認した。

 訓練は海外からの輸入物を保管する倉庫内で、爆発...

残り 212文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR