ティッシュ箱の中の命

 8月半ば、八女市で行われた野良猫の捕獲活動は、1匹の捨て猫への合掌から始まった。生後間もない小さな体はティッシュの空き箱に横たえられ、もう鳴くこともない。「不妊・去勢手術をしないことで起こる不幸を、自らの命で教えてくれた。私たちも今が頑張り時」と主催者▼公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県)が筑後...

残り 175文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR