「つまらないプリンス」が首相就任会見で見せた「らしくない」顔

 「つまらない男」が宰相にまで上り詰めた―。岸田文雄新首相は4日夜、首相として初の記者会見で、「奇襲」とも言える19日公示、31日投開票の衆院選日程を打ち出した。「新型コロナウイルス対応に万全を期す」などと正面を見据えよどみなく語る姿には、昨年の自民党総裁選で敗れ「終わった政治家」と呼ばれた面影はない。ただ、宰相の座を射止められたのは、安倍晋三、麻生太郎両元首相らの後ろ盾があってこそ。言動の端々に長老らへの配慮もにじむ。

 午後9時、首相官邸会見室。えんび服姿で壇上に立った岸田首相は冒頭の写真撮影では緊張した面持ちだったが、衆院選に話題が及ぶと鋭い目つきに変わった。「この岸田に任せていただけるのかどうか判断いただき、信頼と共感の政治を動かしていきたい」

 国会日程などから、11月7日投開票の日程が既成事実化されつつあった永田町では、予想外の「一手」に衝撃が広がった。細田派中堅議員は「これまでの岸田さんらしくなくて驚いたが、強い意志の表れだ」と評価する。

 「新しい資本主義を実現する。分配なくして成長はない」。岸田氏は会見で小泉政権以来続く新自由主義経済からの脱却を主張。新型コロナ対策では、菅義偉前首相が「説明不足」などと批判を浴びたことから「国民に納得感を持ってもらえる丁寧な説明を行うことなどを基本としていく」と語り、対話姿勢をアピールした。会見の予定は30分間だったが、倍の1時間に及び、時間通りに会見を打ち切ることが多かった前政権との違いを演出した。 

関連記事

PR

開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

緑のコンサート

  • 2021年10月30日(土)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR