西部ガスが第2代表 都市対抗野球九州予選

 社会人野球の第92回都市対抗野球大会(11月28日開幕、東京ドーム)の九州地区予選は4日、北九州市民球場で第2代表決定戦があり、西部ガス(福岡市)がJR九州(北九州市)に1-0で勝ち、2年連続6度目の本大会出場を決めた。エース村田健が被安打4、12奪三振で完封した。

エース村田12K完封

 西部ガスのエース村田が12三振を奪う完封劇でチームを2年連続の東京ドームへ導いた。

 登板しなかった前日の第1代表決定戦は2-14の大敗。ショックを引きずることなく、毎回奪三振で12三振を重ね、散発4安打で三塁を踏ませない見事な内容だった。チームを立て直す投球を見せたエースに「昨日の流れを背負ってやってくれた。ありがとうという気持ち」と香田誉士史監督は感謝した。

 7月の日本選手権では2回戦の大阪ガス戦で先発し6失点で五回途中に降板。八回コールド0-10で完敗した。「あの後、低めの直球と変化球の精度を出す練習をしてきた。それが出せた」と敗戦を糧に力をつけた。

 昨年、初の8強入りを果たした都市対抗野球で狙うのは日本一。「全国大会の悔しさは全国大会で晴らすしかない。いい姿をみせられたら」とチームを頂点へ導く投球を誓った。 (前田泰子)

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR