組合の役割を再認識 ルール協議、労使双方に効果 経営と両立も

団結の現在地 労組をつくる(下)

 「労働組合をつくろうよ。よろしくね」

 福岡市内の事業所(従業員数約250人)に勤める男性(46)は昨年夏、声を掛けられた。相手は、情報通信業などでつくる産業別労組「情報産業労働組合連合会(情報労連)」福岡県協議会の役員(54)。2人は仕事で10年来の付き合いがあった。

 役員はここ数年、男性の会社に労組をつくろうと動いていた。...

残り 2311文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

開催中

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR