博物館に経営の試練 「阿蘇踏査の歩み」(67)

【聞き書き】熊本大名誉教授 渡辺一徳さん

 阿蘇山上の草千里ケ浜にある阿蘇火山博物館(熊本県阿蘇市)。私が再就職した2000年代、その経営は苦境に立たされていました。

 国内各地でテーマパークの開業が相次いだのは1990年代ですが、阿蘇火山博物館が開設されたのは、それより前の82年。世がバブル景気へと向かう時代にバス事業などを手掛ける九州産業交通(熊本市)が博物館経営に乗り出したのです。展示の目玉は、阿蘇火山の成り立ちを音声と動きで伝える立体模型。映画「ゴジラ」の特撮スタッフが作製に関わった力作で、今も2階にあります。...

残り 773文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR