「新興住宅地」急速に進む高齢化…住民が支え合う仕組み呼び掛け

 北九州市若松区の青葉台地区社会福祉協議会は3日、同区青葉台西の青葉市民センターで、かつて新興住宅地として開発され、今後急速に高齢化が進むとみられる同地区の住民支援を考えるフォーラムを開いた。参加した住民ら約50人を前に、地域に余力があるうちに住民が支え合う仕組みを整えようと呼び掛けた。...

残り 391文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR